初心者から一歩進んだハンドラーになる為に

ドリブル

はじめに

バスケを始めたての子はほぼ全員、特にドリブルが上達したいと考えると思います。
ボールのもらい方が悪いのでほとんどパスはもらえず、パスをお情けでもらったとしても初心者が即シュートが打てる様なリングの近い位置ではないので得点するにはドリブルでDFを抜かないとシュートできないからです。
特に女子小学生の場合、小さいモーションで素早くボールを遠くに投げる事ができないので速攻で前に走ってフリーだったとしてもパスが来ないという事もよくあります。
また、ドリブルでDFを抜く事が最も格好良いという考えも持っていると思います。
「バスケ=ドリブルでDFを抜いてレイアップを決めるスポーツである」というイメージすら持っているかも知れません。
これらが良いか悪いかを論じても仕様がないので、どういう練習をするのが最もドリブルが上達するか?について現時点の考えを述べたいと思います。
なお「ドリブルの練習の前に必要な事」を読んだ上で、低い姿勢を取れている事を前提とします。

最初にハンドリング技術を高める

最近ではドライブでシュートチャンスを作れるくらいドリブルが上手い人をハンドラーと呼びますが、ここではハンドリングはドリブルを含めず、ボールをぐるぐる回したりする様なボールを扱う技術とします。

上手くなる子、下手なままの子の違い(練習編)」等で述べましたが上達しない子は地味な練習が嫌いでこのハンドリング練習もそれに含まれます。
桜木が最初この練習を嫌ったのと同じです。
桜木は強制的に続けされられましたがそれをできない子供がほとんどだと思います。
ドリブルを上達させる為には桜木がやっていた様なメニューだけでは完全に不足で、具体的には片手だけ、特に指でボールを扱う様なハンドリング練習が必要ですがそれは別記事で紹介したいと思います。

嫌がる子供にどうやってこの練習をさせるか?については「もしミニバスコーチが「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んだら」を参考にして頂くとして、
この練習は一体何の役に立つのか?
この疑問にコーチは答えられなくてはいけないと考えています。
理由なき強制は暴力です。

結論、私の考えでは、ドリブルが上手い人はハンドリングが間違いなく上手いです。
ではドリブルが上手い人は、ドリブル中にハンドリング技術をどう使っているか?
それはドリブル中にボールの軌道を変える為です。
ドリブル中とはここではボールを離した(突いた)後、「ボールを受け、次にボールを離すまでの間」を指しています。
目的は「DFから遠い位置でドリブルする」為です。

DFから遠い位置でドリブルする

DFを抜くにはボールを前で突いてスピードを出して進む必要があります。
しかし前だけで突くとスピードは出しやすいですが、DFからの距離が近くなる為ボールを失う危険性が高まります。
ドリブルの練習を多くするけれど試合になるとターンオーバーばかりという子は、普段前で突く練習しかしないので試合になると簡単に取られます。

極論ボールを前で突くのはDFが前にいない時だけです。
1対1の場合、必ずDFは前にいるので前で突いてはいけません。
ではどこで突くのか?というとDFからできるだけ遠い位置です。
半身になって、横で突くとDF、自分、ボールという位置関係になりDFとボールは最大限距離が離れるので最もボールを取られる危険は少なくなります。

しかしこの状態のままDFを抜く事はできません。
DFの状態にもよりますが体を正面に向けてドリブルを前に突いて、スピードを出して前に進む瞬間を作らなくてはいけません。
本来は体を正面に向けて、ボールを前で突いてもDFからは少し距離がある状態を作る必要があり、それはDFの体勢を崩したり動かしたりするという事でそれこそが最終的に最も必要になるドリブルのテクニックなのですがそれについては後述するとして、ここでは正面〜半身と体勢を変え、同時にドリブルの位置も変える技術について述べます。

前置きが長くなりましたが、それをするのにハンドリングが必要になります。
具体的に言うとドリブル中に、ボールと手の平の位置を変えてボールの軌道をコントロールする技術です。

コントロールする位置はドリブルにおいて床から一番高い位置だけではダメで、床すれすれのボールを受けた直後でもこれができる必要があります。
速ければ速いほど良いですがその分コントロールは難しくなり筋力も必要になります。

また前に進む際にDFが横から付いてきていると、ボールとDFの距離が近くなるので横でドリブルする必要があります。しかし横だと前に進むスピードが落ちるので、前で突いて(ボールを離して)、受けたら即ボールを横に持っていかなくてはいけません。
結果的に円を描く様なドリブルになりますがこれを全力疾走しながらやる必要があります。
これはハンドリングの技術に加えてかなり筋力を必要とします。

という様にハンドリングはドリブルの技術と直結しています。
ドリブルの練習だけやっていても試合で通用する技術は身に付きません。
また前述の「体を正面に向けて、ボールを前で突いてもDFからは少し距離がある状態を作る必要があり、それはDFの体勢を崩したり動かしたり」というテクニックはハンドリング技術ありきです。

動く

姿勢を低くして、上を向いて、ドリブル中にボールの軌道を変えられる様になったら次は動きましょう。
Youtubeでは華麗なレッグスルーやクロスオーバーによるアンクルブレイクがたくさんアップされています。
これを見て多くの初心者は勘違いするのですが、レッグスルーやクロスオーバーでは抜けません。
アンクルブレイクもできません。
DFは全力で動かざるを得ない程の猛スピードのドライブを途中で止められ、DFの重心が大きく崩れて体勢が維持できなくなった結果こけるのです。猛スピードのドライブを途中で止めたり方向を変える時にレッグスルーやクロスオーバーを使っているだけです。
静止状態のドリブラーのレッグスルーやクロスオーバーでこける程体勢を崩されるDFはいません。

ドリブルは全速力で、かつそれを急に止めたり、急に方向を変えたり、時には下がったりできなくてはいけません。
これは平面的な移動だけでなく、上下の動きも含みます。
また足が止まっている状態でも上半身だけは左右に振って右か左にドライブするフェイントを織り混ぜるのも効果的です。
繰り返しますが姿勢を低くして、上を向いて、ドリブル中にボールの軌道を変えつつです。

細かく突く

ドリブルは細かく突くものです。
手が異常に長かったり、どんなDFにでも体をぶつけつつ前に進んでいけるほどフィジカルが強いなら別ですが、普通は前述の「動く」をしながらドリブルします。
その際、特にDFとの距離が近づいた際にはボールを特段低くしDFとの距離を1cmでも長く取る必要がありますし、DFにボールをとにかく速く動かしてスティールを防がなくてはいけません。
またドリブルのリズムに緩急を付ける事でDFの的を分散させられます。
常に細かく突く必要はありませんが、細かくも突ける技術は必要です。

強く突く

ドリブルは初心者が想像しているより遥かに強く突くものです。
前述の「細かく突く」も常に低い位置で細かく突くだけなら強く突く必要はありませんが、緩急を付ける為や低い位置からシュートしたり、ドライブコースを変更するには低い位置から高い位置まで1回のドリブルでボールを移動させる必要があり、それにかかなり強くボールを突く必要があります。
また、複雑で速いステップを伴ったドリブルをしつつ、かつそれを0ステップにする為には相当に速くボールを動かす必要があります。
正確には突くより叩く必要があります。
これには筋力トレーニングも必要ですし、普段から限界まで強く突く練習をしておく必要があります。

なお、0ステップを使ったからと言って必ずしも0ステップ目も入れて2歩目でシュートする必要はありません。
場合によっては1歩目でシュートするのも有効です。
大事な事は1歩目でも2歩目でもDFの状況に応じてどちらでもシュートやパスの選択肢を持つ事でそれには0ステップを使用する事がとても有効です。
繰り替えしますがその為にはかなり速くボールを動かす必要があり、更にその為にはかなり強く突かなくてはいけません。

まとめ

・低い姿勢を取る
・上を向く
・ドリブル中に自在にボールの軌道を変えられる様にハンドリング練習をする
・ボールは常にDFから遠い位置で突く
・静止してドリブルしない。常に動く。前後左右上下に。
・細かく付く(緩急を付ける)
・強く付く

コメント

タイトルとURLをコピーしました